キヅタ

木蔦 セリ目/ウコギ科/キヅタ属 花期/10月下旬~12月 結実期/2月~3月

自生種

キヅタ 鎌倉市扇ガ谷 2016/10/10

キヅタ 鎌倉市扇ガ谷 2016/10/10

林内に生える常緑藤本(とうほん)で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。ツタ(蔦)のような蔓性植物で、秋から冬に花を咲かせるためフユヅタ(冬蔦)とも。神奈川県内では広く薄暗い林床に無数に自生し、そのまま地面を這うか他の木の幹をのぼる。ただ巻きつくだけのツル(蔓)とは異なり、ツタは這いのぼった途中途中で根を出してがっちりへばりつく。

林床でよく見かける、若いキヅタの葉 藤沢市・新林公園 2017/01/11

林床でよく見かける、若いキヅタの葉 藤沢市・新林公園 2017/01/11

林内で地面を這う葉は他に、テイカカズラ(定家葛)、ツルマサキ(蔓柾)、フユイチゴ(冬苺)フウトウカズラ(風藤葛)などがある。

キヅタの花

キヅタ 鎌倉市扇ガ谷 2016/10/10

キヅタ 鎌倉市扇ガ谷 2016/10/10

キヅタの実

キヅタの実 横須賀市・子安の里 2017/02/27

キヅタの実 横須賀市・子安の里 2017/02/27

キヅタの実 横須賀市・子安の里 2017/02/27

キヅタの実 横須賀市・子安の里 2017/02/27

キヅタの実 鎌倉市扇ガ谷 2017/02/25

キヅタの実 鎌倉市扇ガ谷 2017/02/25


子安の里、鎌倉市扇ガ谷・海蔵寺前民家、小動神社(社殿向って左手前)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする