カラスビシャク

烏柄杓 オモダカ目/サトイモ科/ハンゲ属 花期/5月下旬~7月

有毒薬用自生種

カラスビシャク 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャク 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビャクシではなくカラスビシャク。日当たりが良い畑に生える多年草で、テンナンショウ(天南星)の仲間。道端や草地にも出るようだが、比較的人目に触れやすいのは畑のもの。畑を囲う雑草地にではなく、耕作地内で作物に紛れて生えてくる。従って、畑をやっている人からは目の敵にされやすい嫌われ雑草という扱い。畑をやっていない人からしたら、滅多にお目にかかれない結構な稀少植物なのだけれど。

カラスビシャク 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャク 鎌倉中央公園 2017/05/20

小型で緑色をしているため、雑草などと保護色になってしまって、探してもなかなか見つけられないかもしれない。ササ(笹)の若葉やら何やら、カラスビシャクっぽい紛らわしい植物はいくらでもある。

釣り糸はウラシマソウ(浦島草)のようには垂れず、上に向かって立つ。

カラスビシャク 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャク 鎌倉中央公園 2017/05/20

ほぼ同時期に、仏炎苞が似たような形状をしたオオハンゲ(大半夏)も咲く。違いは、生育場所と、葉の形状。カラスビシャクの葉は小葉三枚に完全に分かれるのが特徴。ただし、生えてきたばかりの葉と成長した葉では様子がやや異なるので注意したい。

カラスビシャクの若い葉 鎌倉市・東慶寺 2017/05/21

カラスビシャクの若い葉 鎌倉市・東慶寺 2017/05/21

カラスビシャクのやや若い葉 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャクのやや若い葉 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャクの僅かに若い葉 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャクのわずかに若い葉 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャクの大きく成長した葉 鎌倉中央公園 2017/05/20

カラスビシャクの大きく成長した葉 鎌倉中央公園 2017/05/20

葉柄(ようへい)の下の方にムカゴを作る。塊茎(かいけい、地下にできる芋)は生薬の半夏(はんげ)になる。


東京都小平市・東京都薬用植物園、横浜市戸塚区・舞岡公園、横浜市戸塚区・俣野園(鉢植え)

衣笠山公園、横須賀しょうぶ園、子安の里、光則寺、東慶寺、鎌倉中央公園、茅ヶ崎市芹沢・茅ヶ崎斎場、大磯城山公園、大磯運動公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする