イズセンリョウ

伊豆千両 ツツジ目/サクラソウ科/イズセンリョウ属 花期/4月 結実期/11月~1月

有毒薬用自生種稀少保護

イズセンリョウの実 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウの実 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

林内に生える常緑の低木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。名は静岡県熱海市・伊豆山神社(いずさん-)に多いとされることから。本当に多いのだろうか。伊豆山神社で採取された古い標本が残っているようなので、もしかしたら伊豆山神社が発見地なのかもしれない。としても伊豆山とか熱海を”イズ”と略して冠してしまう感覚には疑問を感じずにはいられないが。生えているとしたら本殿背後にある本宮社へ通じる山に、か。伊豆山神社拝殿周辺のいわゆる境内にはイズセンリョウはない。神奈川県内では主に箱根外輪山の大外の南東面に自生するらしい。少ないながら三浦半島にも。近年猛威を振るっているニホンジカ(日本鹿)の採食圧は受けていないようなので、箱根方面の自生地ではもしかしたら短期的には爆発的な増加に向かう可能性も。

幹は、笑っちゃうほど律義にまっすぐ直立しているものもあれば、地面すれすれまで傾き倒れているものも。地を這うようなものはときに伸びかけの蔓植物と見まがいそうになることも。形態としてはコムラサキ(小紫)にちょっと近いか。

イズセンリョウ 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウ 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウ 南足柄市三竹・御嶽神社 2018/01/06

イズセンリョウ 南足柄市三竹・御嶽神社 2018/01/06

葉は葉脈が凹む。虫食い被害目立ち、ずたぼろの葉多い。

イズセンリョウの葉 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウの葉(小さな粒々はできかけの蕾) 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウの花

アセビ(馬酔木)を思わせるかわいらしい白い壺型の花を咲かせる。見頃は4月中旬か。

イズセンリョウの実

白い実。のようで白い蕾のようにも見えなくもない。なにこの白いの。というのがイズセンリョウの実。

イズセンリョウの実 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウの実 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウの実 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

イズセンリョウの実 小田原市・早川石丁場群付近 2017/12/04

割ってみれば中には黒い種子。確かにこれは実であった。

イズセンリョウの実と種子 小田原市早川 2018/01/06

イズセンリョウの実と種子 小田原市早川 2018/01/06


葉山町・逗子市・三浦アルプス

伊勢原市・日向薬師、南足柄市三竹・御嶽神社(県指定天然記念物「御嶽神社の社叢林」、イズセンリョウ分布の北限)、小田原市・早川石丁場群付近(多数)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする