イソギク

磯菊 キク目/キク科/キク属 花期/10月中旬~11月

自生種

イソギク 三浦市・黒崎の鼻 2016/11/06

イソギク 三浦市・黒崎の鼻 2016/11/06

海辺に生える多年草。名前の通り磯などで見られるキク(菊)の仲間で、秋に咲かせる黄色い花は玉のようで可愛らしい。神奈川県内では、三浦半島の沿岸部を探せば各所で見つけることができるだろう。葉の縁(と裏)が白っぽいためアクセントが効いて見栄えがするため、寺境内や民家の庭などで栽培もされる。

イソギクの葉 三浦市・黒崎の鼻 2016/11/06

イソギクの葉 三浦市・黒崎の鼻 2016/11/06

イソギク 三浦市・黒崎の鼻 2016/11/06

イソギク 三浦市・黒崎の鼻 2016/11/06


観音崎公園、剱崎、黒崎の鼻、稲村ガ崎、江の島

大巧寺、小動神社(展望台

ハナイソギク

花磯菊 キク目/キク科/キク属 花期/10月中旬~11月

外来種改良種駆除

イソギクとイエギク(家菊)の交雑種とされる。イエギクは外来種も含めて栽培される園芸種のキクの総称。従ってハナイソギクは日本在来ではない帰化種という扱いになる。白い(あるいは黄色の)舌状花が付くことがイソギクとの明確な違い。花の姿は交雑したイエギクによって変化あり。

ハナイソギク 三浦市・城ケ島 2017/11/02

ハナイソギク 三浦市・城ケ島 2017/11/02


天神島臨海自然教育園、佃嵐崎、葉山しおさい公園、大巧寺、稲村ヶ崎、江の島

城ケ島(城ケ島さんご荘前)、小動神社(展望台柵外)、茅ヶ崎市芹沢・腰掛神社(南方の農地に)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする