イヌタデ

犬蓼 ナデシコ目/タデ科/イヌタデ属 花期/9月中旬~11月上旬

自生種

イヌタデ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

イヌタデ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

どこにでも生える一年草。よく群生する。辛みがないため食用にならず役に立たないという意味でイヌが冠されている。花が咲き終わった後の穂に赤飯色の粒々(果実)ができて可愛らしい。別名アカマンマ(赤まんま)。水彩画などのモチーフにも好まれる。高浜虚子が「新・秋の七草」にこれを挙げた、「此辺の道はよく知り赤のまま」───。

イヌタデ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

イヌタデ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05


新林公園、茅ケ崎里山公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする