ヒロハノレンリソウ

広葉の連理草 マメ目/マメ科/レンリソウ属 花期/5月中旬~6月中旬

有毒外来種改良種駆除稀少

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヨーロッパ原産の蔓性多年草。宿根スイートピーないしサマースイートピーの名で流通しているが、高度に品種改良されているスイートピーに比べてしまえば花は小さく、形状はふつうのマメ科っぽいもの。またスイートピーのような甘い香りもない。ただし栽培はヒロハノレンリソウの方が簡単だろう。栽培されていたものが野良に逸出してしまう帰化の問題をしばしば生じさせているようだが、湘南・鎌倉・三浦半島では見かけた記憶はあまりない。

生垣に絡まったヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

生垣に絡まったヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

生垣に絡まったヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

生垣に絡まったヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

生垣に絡まったヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

生垣に絡まったヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

全体的にかなり大型。茎と葉柄(ようへい)に翼(よく、張り出した膜状の部分)があるのが大きな特徴。葉はナンテンハギ(南天萩)同様に二枚で一対。葉の大きさや幅はまちまち。

ヒロハノレンリソウの茎と葉 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウの茎と葉 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウの茎と葉 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/04/27

ヒロハノレンリソウの茎と葉 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/04/27

ヒロハノレンリソウの葉 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/04/27

ヒロハノレンリソウの葉 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/04/27

ヒロハノレンリソウの花

花色は濃いピンクから白。花数は多く付く。

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

花が大きくて目立つためかクマバチ(熊蜂)がよくやって来るため、花には細かな傷ができ、変色しやすい。

ヒロハノレンリソウの実

ヒロハノレンリソウの未熟な実 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04

ヒロハノレンリソウの未熟な実 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2018/06/04


神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園(宿根スイトピーとして)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする