ヒメスミレ

姫菫 キントラノオ目/スミレ科/スミレ属 花期/3月下旬~4月

自生種稀少

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

人家周辺や公園などに生えるスミレの仲間。一般的なタチツボスミレ(立坪菫)などに比べて明らかに二回りほど小さいのが最大の特徴。まるで帰化植物のように人の手が入った場所にばかり生えるため、じつは外来種なのではないかとの噂も。人々が満開のソメイヨシノ(染井吉野)に釣られて上の方ばかり見ている時期に密かに足元で咲いているだろう。石垣の隙間やアスファルトの割れ目などでも見かける。

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

花柄(かへい)は長く、花はよく立ちあがる。花色はふつう濃いめの紫で、側弁基部は有毛。距(きょ)は白色ないし薄い紫色(薄茶色に汚れているかのようにも見える)。

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヒメスミレ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

葉は細長めのハート形で、葉柄に翼はほとんどない。

ヒメスミレの葉 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヒメスミレの葉 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

名前が紛らわしいものにコスミレ(小菫)があるが、コスミレはその名に反して小さい品種ではない。


横浜市中区・三渓園、横浜市保土ケ谷区・陣ケ下渓谷公園(3月下旬)

氷室椿庭園(多い、花色薄め)

海蔵寺、鎌倉市佐助(くずきりみのわ南側の民家にあるのはおそらく本種、水路を挟むため近くで見れない、ツクシ(土筆)も)、平塚市・遠藤原、土屋霊園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする