ヒメヒオウギ

姫檜扇 キジカクシ目/アヤメ科/フリージア属 花期/5月

外来種改良種

ヒメヒオウギ 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/20

ヒメヒオウギ 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/20

南アフリカ原産の多年草。名はヒオウギみたいな花を咲かせる小さいものの意。アヤメ(文目)の近似種なのでヒメヒオウギアヤメ(姫檜扇菖蒲)とも。背丈はふつう人の足首程度。花は赤系と白系の二系統あり。かわいらしい花なので民家の庭の片隅などに植えられている。あるいは、(こぼれ種が運ばれてきて)勝手に生えてくる。

ヒメヒオウギ 鎌倉市・補陀洛寺 2017/05/20

ヒメヒオウギ 鎌倉市・補陀洛寺 2017/05/20

ヒメヒオウギ 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/20

ヒメヒオウギ 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/20

ヒオウギのみならず、名前が紛らわしいヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)、ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)はまったくの別種。


長谷寺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする