ハマナタマメ

浜鉈豆 マメ目/マメ科/ナタマメ属 花期/6月~8月 結実期/10月~12月

稀少保護

神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IA類」

ハマナタマメ 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ハマナタマメ 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

蔓性の海浜植物。海に面した山際で、まるでクズ(葛)のように他の植物に絡まって生える。葉もクズにそっくり。神奈川県内では三浦市の毘沙門海岸でのみ見ることができる。

ハマナタマメの葉 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ハマナタマメの葉 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ナタマメ(鉈豆)は外来の栽培種。

ハマナタマメの花

マメ科らしい形で薄紅色ないし薄紫色。旗弁(きべん)が下でふつうのマメ科の花とは上下逆に咲く。7月中旬が見頃か。

ハマナタマメ 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ハマナタマメ 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ハマナタマメ 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ハマナタマメ 三浦市・毘沙門湾 2017/08/24

ハマナタマメの実

ぶっといソラマメ(空豆)のような豆果(とうか)ができる。鞘が茶色く完熟するのは11月下旬から。豆は有毒という。

ハマナタマメの豆果 毘沙門海岸 2015/11/22

ハマナタマメの豆果 毘沙門海岸 2015/11/22

ハマナタマメの豆果 毘沙門海岸 2015/11/22

ハマナタマメの豆果 毘沙門海岸 2015/11/22

ハマナタマメの豆果 毘沙門海岸 2015/11/22

ハマナタマメの豆果 毘沙門海岸 2015/11/22

豆なのに有毒というと驚かれてしまうかもしれないが、じつは豆には意外と危険が潜んでいて、例えばインゲンマメ(隠元豆)は過熱が不十分だと嘔吐や下痢などの食中毒症状を引き起こしてしまうし、ソラマメも体質によっては中毒になることが知られている。


東京都薬用植物園(ナタマメ)

毘沙門海岸(江奈湾~毘沙門湾、毘沙門洞窟前辺りが見やすい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする