ハコネウツギ

箱根空木 マツムシソウ目/スイカズラ科/タニウツギ属 花期/5月中旬~6月上旬 結実期/10月~12月

自生種

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

海に近い地域に自生する落葉低木。葉っぱはアジサイ(紫陽花)のようだけれど赤と白のラッパ型の花が咲いていたらおそらく本種。公園にもよく植えられている。4月下旬から5月にかけての”ウツギ月間”に開花するが、名ばかりでウツギの仲間ではない。

箱根の名前が冠されているのでさぞ箱根には多いのだろうと思いきや、箱根では稀。箱根に生えているのはよく似たニシキウツギ(二色空木)の方。
ハコネウツギの葉は大きめで丸っこく急に先端が細る。葉柄(ようへい)は長い。葉表はやや光沢あり、葉裏はほぼ無毛。ニシキウツギの葉は小さめでやや細身。葉裏の脈に毛が生える。ただし明確にそうと言い切れないものも多く、タニウツギ属の連中は見分けが厄介。雑種も作る。

ハコネウツギの葉 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギの(にしてはやや細身に見える)葉 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギの花

はじめ白色、のち徐々に薄紅色から濃い赤色にまで染まってゆく。一本の株で様々な色を楽しめるのが特徴。

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

葉柄から萼を経て、花筒(かとう)で急にくいっと膨らむのが大きな特徴(これ一つの要件で見分けの決定打にはならないが)。

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ハコネウツギ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

花が白色から変化せずずっと白色のままのものがあるらしい。シロバナハコネウツギ(白花箱根空木)という。
花が最初から赤いものがあるらしい。ベニバナハコネウツギ(紅花箱根空木)という。

ハコネウツギの実

上向きに立ち上がる痩せたバナナの房のような実ができる。

ハコネウツギの実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/11/12

ハコネウツギの実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/11/12

ハコネウツギの実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/11/12

ハコネウツギの実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/11/12


横浜市栄区・横浜自然観察の森(トンボ池入口)

くりはま花の国、鎌倉市今泉台五丁目・滝ノ入南公園(東側)、大庭城址公園(花の広場)、茅ケ崎里山公園(記念ガーデン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする