ハボタン

葉牡丹 アブラナ目/アブラナ科/アブラナ属 見頃/11月中旬~2月 花期/4月

外来種改良種

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/01

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/01

色鮮やかなキャベツのようなものが公園の花壇などに植えられていたらハボタン。葉がボタン(牡丹)の花のように美しいものの意。ハナキャベツ(花キャベツ)とも。観賞用に品種改良されたもので、元はケールだったとかキャベツだったとか。多年草だがふつう一年草として扱われる。春に薹(とう)が立ったら廃棄処分し、また冬になったらホームセンターで新しい株を購入して植える、の繰り返し。

ハボタンの葉

見て楽しむのは花ではなく美しい葉の方。色はふつう白か紫。

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/09

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/09

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/01

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/01

ミニハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/09

ミニハボタン 藤沢市・長久保公園 2016/12/09

真冬の花壇を彩っているのはこのハボタンか、パンジービオラないしプリムラ・ジュリアンあたりだろう。

ハボタンの花

ナノハナ(菜の花)の仲間なので春になれば黄色い花を咲かせるが、それは薹が立ってしまってみっともない姿とされ、こうなる前に処分されてしまうのが常。であったが、近年は花まで見せてから処分されることが増えていそう。

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ミニハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

ミニハボタン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

成長すると茎が伸びてまるで樹木のような姿に変わり、オドリハボタン(踊り葉牡丹)と呼ばれるものになる。


常栄寺(春には花も)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする