フタリシズカ

二人静 センリョウ目/センリョウ科/チャラン属 花期/5月上旬~中旬

自生種稀少保護

フタリシズカ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

フタリシズカ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

薄暗い林床に生える多年草。花序が二本立つことからヒトリシズカ(一人静)に対してフタリシズカ。静御前の霊に憑(と)りつかれた女と静御前の亡霊が並んで舞を舞う能の演目「二人静」に因む名という。なおフタリシズカの花序は必ず二本になるわけではなく、一本のみや、三本、四本程度と数はまちまち。

フタリシズカ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

フタリシズカ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

花といっても花弁はなく、白い脳みそのような、白子(しらこ)のような姿の雄蕊の皮(がわ)が見えるのみ。この白子は覆いで、この内側に雄蕊の葯(やく、花粉を出す部分)が密かにある。雌蕊の子房もこの白子に隠されている。

フタリシズカ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

フタリシズカ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

チャラン属は落語家の林家こん平に因むもの。なわけはなく、葉がチャノキ(茶の木)に似たチャラン(茶蘭)という低木に由来する名称。


東京都小平市・東京都薬用植物園

新林公園

浄妙寺(散策路)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする