フクジュソウ

福寿草 キンポウゲ目/キンポウゲ科/フクジュソウ属 花期/2月

有毒

神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧II類」

フクジュソウ 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

フクジュソウ 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

何もない地面から突然花が顔を出すのがフクジュソウ。すぐに茎も伸び、花の下にはもしゃもしゃと葉が繁ってくる。花は日が当たるとよく開き日陰になると閉じてしまうので、観賞は晴天の日の13時頃がよい。

フクジュソウの蕾 横浜市戸塚区・俣野園 2018/01/25

フクジュソウの蕾 横浜市戸塚区・俣野園 2018/01/25

フクジュソウの蕾 横浜市戸塚区・俣野園 2018/01/25

フクジュソウの蕾 横浜市戸塚区・俣野園 2018/01/25

フクジュソウ 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

フクジュソウ 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

フクジュソウ 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

フクジュソウ 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

葉が生えてきたフクジュソウ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/02/13

葉が生えてきたフクジュソウ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/02/13

フクジュソウの蕾 横浜市戸塚区・俣野園 2017/02/18

フクジュソウの蕾 横浜市戸塚区・俣野園 2017/02/18

神奈川県内では相模原市内に自生地残る。湘南・鎌倉・三浦半島では寺境内で栽培されているものを見る。寒冷地では雪積もる地面から顔を覗かせるフクジュソウの花が春を告げる風物詩になっているが、神奈川ではそうはならず、雪のない地面にフクジュソウの花、または、フクジュソウ咲いたところに雪が積もって花傷める、のどちらか。


横浜市戸塚区・俣野園(園内多い

東慶寺(山門内参道黒塀側)、海蔵寺(境内随所)、長谷寺(境内随所に多数)

浄妙寺(花塚横、散策路=2月中旬~下旬)、瑞泉寺、覚園寺(愛染堂前庭、撮影可)、宝戒寺(拝観受付向かい)、大巧寺、円覚寺龍隠庵(参道)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする