ドクダミ

蕺草 コショウ目/ドクダミ科/ドクダミ属 花期/5月下旬~7月

薬用自生種改良種

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

林内のすこし薄暗いところに生える多年草。草むらに生えていたものをうっかり踏みつけてしまうと青臭い悪臭を放つため毛嫌いされるあの葉である。毒草ではなくむしろ薬草で、毒矯め(どくだめ)が語源とされる。毒を矯めるとは毒を抑えて治すという意味。ドクダミは薬草なんだ、と念じておけばあの臭気もちょっとは嫌でなくなるかもしれない。ドクダミは日本のハーブ。実際に健康飲料として”どくだみ茶”というものが販売されている。

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

白花はよく見るとかわいらしく、梅雨入り前の彩りとして人気も高く寺境内などでよく栽培される。なお白色の花弁に見えるものは総苞(そうほう)という葉で、中心の黄色いっぽい穂が花である。

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

ドクダミ 秦野市北矢名・弘法山近隣 2017/05/27

神奈川県内、よほど都市化・宅地化されていなければどこにでも分布。群生する。


大巧寺(八重)、東慶寺(八重も)

清水谷

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする