ベビーサンローズ

Baby sun rose ナデシコ目/ハマミズナ科/アプテニア属 花期/5月~9月

外来種駆除

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

南アフリカ原産の常緑多年草で、葉が分厚い多肉植物。英名ベビーサンローズないしハートリーフアイスプラント(Heartleaf Iceplant、葉がハート形で表面が結露しているようにも見える植物)。日本では、ハナツルソウ、ハナヅルソウ、ハナツルクサ(いずれも花蔓草)、あるいは学名からアプテニア(Aptenia)と呼ばれる。葉も花もとても可愛らしく、鉢植えで栽培されることが多い。野外に逸出したものが定着をみており、葉が地面を覆うようにびっしり生えるため将来的には在来種の分布を脅かしかねないとの危惧も。

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

花色はふつう濃いピンク。

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

ベビーサンローズ(ハナツルソウ) 横須賀市・荒崎公園 2017/08/24

雰囲気的にマツバギク(松葉菊)と混同しやすいかも。


荒崎公園(帰化)

観音崎公園(花の広場)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする