アサガオ

朝顔 ナス目/ヒルガオ科/サツマイモ属 花期/7月~9月中旬

有毒薬用改良種

アサガオ(原種'北京天壇') 横浜市南区・こども植物園 2017/09/05

アサガオ(原種’北京天壇’) 横浜市南区・こども植物園 2017/09/05

東南アジアの辺りが原産とされる一年生の蔓植物。昭和時代(-1989)はそこかしこの民家で栽培されていたものだが、高い知名度を今なお維持している割に昨今は意外と見かけない。”緑のカーテン”として定番となったゴーヤに取って代わられたか。今でも小学一年生の理科の学習教材として利用されているようで、夏休み前後にちびっこがアサガオの大きな鉢植えを抱きかかえながら登下校に苦難している様子が見受けられる。

アサガオ(原種'北京天壇')の葉 横浜市南区・こども植物園 2017/09/05

アサガオ(原種’北京天壇’)の葉 横浜市南区・こども植物園 2017/09/05

花は周知のとおり朝に咲き、昼には力を失ってよれよれとしぼみ始める。

アサガオ(原種'北京天壇') 横浜市南区・こども植物園 2017/09/05

アサガオ(原種’北京天壇’) 横浜市南区・こども植物園 2017/09/05

北京天壇


中国・北京の天壇公園で採取された野生のアサガオ。日本で栽培されている園芸種アサガオの原種とされる。これを紀元700年前後に中国へ派遣された遣唐使が日本へ持ち帰ったのが日本のアサガオ栽培の始まりではないかといわれる。

花は早い時間に萎(しぼ)んでしまうため、観賞は朝一で。

サツマイモ(薩摩芋)の近縁種だが、アサガオを掘り返しても芋は得られない。種子は有毒という。


横浜市南区・こども植物園(原種’北京天壇’鉢植え)

鎌倉宮(8月第1土曜日および日曜日 かまくら福祉朝顔市、1鉢2,000円)

ノアサガオ

野朝顔 ナス目/ヒルガオ科/サツマイモ属 花期/7月~11月

外来種改良種駆除

生態系被害防止外来種リスト「重点対策外来種」

ノアサガオ 横須賀市・くりはま花の国 2017/11/02

ノアサガオ 横須賀市・くりはま花の国 2017/11/02

日本では沖縄県に自生している多年生アサガオ。琉球アサガオ(琉球朝顔)、宿根アサガオ(宿根朝顔)、園芸品種名’オーシャン・ブルー’などとしても流通しており栽培される。繁殖力が強く、大きく育つ。種子はほとんど実らないのが特徴。神奈川県内では自然界に逸出しており侵略的外来種の問題が発生。人家周辺から、海辺や林縁部などを覆っているものが見られる。

ノアサガオ 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

ノアサガオ 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

葉は心形になるものが多い(マルバアサガオも心形になる)。

ノアサガオの葉 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

ノアサガオの葉 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

花色は朝に青く、昼に赤みが出てきて萎(しぼ)む。

ノアサガオ 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

ノアサガオ 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

ノアサガオ 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

ノアサガオ 逗子市・逗子海岸ロードオアシス西側 2017/08/04

ノアサガオ 横須賀市・くりはま花の国 2017/11/02

ノアサガオ 横須賀市・くりはま花の国 2017/11/02


逗子海岸ロードオアシス西側、東慶寺(鎌倉街道沿い)、鎌倉市極楽寺・櫻橋

くりはま花の国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする