アレチウリ

荒れ地瓜 ウリ目/ウリ科/アレチウリ属 花期/9月中旬~下旬 結実期/10月~11月

外来種違法駆除

外来生物法「特定外来生物」
生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」
日本生態学会「日本の侵略的外来種ワースト100」

アレチウリの雄花 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/09/26

アレチウリの雄花 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/09/26

北米原産の蔓性一年草で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。名前の通り荒れ地に群生する。というか、これが生えてしまうとそこは荒れ地と化す。蔓をよく伸ばし、大きな葉を付け、地を這い、草や木を覆い、異常に繁殖しているなんとなく目障りなやつあらばそれはクズ(葛)カナムグラ(鉄葎)かこのアレチウリである。いずれもに他の植物の生育を甚大に阻害してしまう厄介な雑草。

アレチウリ 大磯町生沢 2016/09/14

アレチウリ 大磯町生沢 2016/09/14

田んぼ周辺に繁るアレチウリ 大磯町生沢 2016/09/14

田んぼ周辺に繁るアレチウリ(右奥はサトイモ(里芋)畑) 大磯町生沢 2016/09/14

浜辺を覆うアレチウリ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

浜辺を覆うアレチウリ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

葉はウリ科らしいもので、浅く五裂。

アレチウリの葉 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/09/26

アレチウリの葉 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/09/26

同じように荒れ地に生えるウリ科の葉で、アレチウリよりは小さく光沢なく緑が色濃いものあらば、おそらくはカラスウリ(烏瓜)のものだろう。

アレチウリの花

葉の隙間から上へにょきっと顔を突き出すような感じで咲くやや大きめの花は雄花で、ふつう花序丸ごと一斉には開かず二三の花が咲いている程度。雌花は蔓の先端あたりで密かに小さくテマリ咲きする。

アレチウリの花 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

アレチウリの花 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

アレチウリの雌花 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/09/26

アレチウリの雌花 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/09/26

アレチウリの実

鋭利な針のようなものは毛で、手にちくちく刺さりそうに思えて怖いがまったく痛くない。

アレチウリの未熟な実 大磯町生沢 2017/11/17

アレチウリの未熟な実 大磯町生沢 2017/11/17

アレチウリの未熟な実 大磯町生沢 2017/11/17

アレチウリの未熟な実 大磯町生沢 2017/11/17

アレチウリの未熟な実 大磯町生沢 2017/11/17

アレチウリの未熟な実 大磯町生沢 2017/11/17


馬入水辺の楽校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする