アマドコロ

甘野老 キジカクシ目/キジカクシ科/アマドコロ属 花期/4月中旬~下旬 結実期/9月

食用薬用自生種改良種稀少保護

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

スズラン(鈴蘭)の仲間の多年草。神奈川県内多くはないが広く分布する、というけれど、まったくといってもよいくらい見かけやしない。湘南・鎌倉・三浦半島で出会うのは公園や民家の庭に植栽された栽培ものばかり。近年は斑入り(ふいり)の葉が美しい園芸種が人気。山菜として食用にもなる。

ホウチャクソウ(宝鐸草)とは違って、花はあっという間に終わってしまうので注意が必要。さすがに一日花ではないだろうが、開花を待っていたのに気づくといつの間にかもうしわしわにしぼんでしまっているなんていうこともざら。開花時期は姿がよく似るナルコユリ(鳴子百合)より早い。

参考)ホウチャクソウ、ナルコユリ、アマドコロの見分け方

アマドコロの葉 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロの葉 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

フイリアマドコロ 鎌倉市・大巧寺 2017/05/05

フイリアマドコロ 鎌倉市・大巧寺 2017/05/05

フイリアマドコロ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

フイリアマドコロ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

アマドコロの花

葉腋(ようえき)から葉柄(ようへい)を延ばし、葉柄はすぐに分岐し、花はだいたい二つ付く。ときに一つ、稀に三つ。花被片が分かれて見えるのは先端部分のみで、分離しない。

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロ 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

アマドコロの実


横浜市南区・こども植物園

観音崎公園、衣笠山公園、城ケ島、城ケ島公園、葉山しおさい公園、旧華頂宮邸(斑入り)、長谷寺(斑入り)、円覚寺松嶺院

氷室椿庭園

厚木市・荻野運動公園(野草園)

オオアマドコロ

大甘野老 キジカクシ目/キジカクシ科/アマドコロ属 花期/4月中旬~下旬 結実期/9月

食用薬用自生種改良種稀少保護

アマドコロの変種という。ふつうのアマドコロを見慣れてさえいれば、明らかにでっかい違和感を感じるだろう。花は二つ~四つと、やや多め。湘南・鎌倉・三浦半島では栽培ものを稀に見る。

オオアマドコロ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

オオアマドコロ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09


東京都小平市・東京都薬用植物園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする