アブラチャン

油瀝青 クスノキ目/クスノキ科/クロモジ属 花期/3月下旬 結実期/9月~10月

自生種稀少

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

山地の林内に生える落葉低木ないし小高木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。湘南・鎌倉・三浦半島でも稀に見る。

アブラチャンの花

黄色い花はダンコウバイ(檀香梅)によく似ていることで知られる。アブラチャンの花序には短いながら柄がある(枝と萼の間に柄がある)、ダンコウバイの花序には柄がない(枝と萼の間に柄がない)、という点が見分け方といわれることが多い。

アブラチャンとダンコウバイの花の違い

アブラチャンとダンコウバイの花の構造(模式図)

アブラチャンとダンコウバイの花の構造(模式図)

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

アブラチャンの雄花 葉山町・逗子市・森戸川源流 2018/03/18

アブラチャンの雄花 葉山町・逗子市・森戸川源流 2018/03/18

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

アブラチャンの雄花 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/22

蕊がごちゃごちゃしていて様子がさっぱりわからないのが雄株(雄花)、子房と花柱を明確に確認できたなら雌株(雌花)。花が小さすぎて肉眼で雌雄を判別するのは難しい。

アブラチャンの雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

アブラチャンの雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

アブラチャンの雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

アブラチャンの雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

アブラチャンの雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

アブラチャンの雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

じつは、アブラチャンの花と見分けが難しいのはダンコウバイではなく、むしろシロモジ(白文字)。花序柄がある点なども含めて瓜二つ。シロモジは県内自生なし。公園に植栽されることがあるので紛らわしい。

アブラチャンの実

アブラチャンの実 箱根湿性花園 2017/10/01

アブラチャンの実 箱根湿性花園 2017/10/01

アブラチャンの実 箱根湿性花園 2017/10/01

アブラチャンの実 箱根湿性花園 2017/10/01


横浜市南区・こども植物園(ダンコウバイの樹名板が付いているとか)、横浜市金沢区・金沢自然公園(雌雄)、横浜市栄区・横浜自然観察の森、横浜市戸塚区・俣野園(雄株)

森戸川源流(樹名板ありよく目立つ大樹は雄株・樹勢かなり悪い)、フラワーセンター大船植物園

秦野市・葛葉緑地(くすのき広場他)、箱根湿性花園(樹名板あり、雌株)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする