ヤマトシリアゲ

大和尻上 昆虫/シリアゲムシ目/シリアゲムシ科 成虫期/4月~5月

在来種

ヤマトシリアゲ 秦野市・弘法山 2017/05/27

ヤマトシリアゲ 秦野市・弘法山 2017/05/27

サソリのように尻を持ち上げている馬面なハチ(蜂)なんだか何なんだか、な珍妙な虫。毒針のような雄の尻先は交尾のときに使われる模様。シリアゲムシの仲間は、雄が雌に餌となるものをプレゼントし雌が餌に食いついている間に交尾を行うという、なんとも人間味あふれる習性が知られている。湘南・鎌倉・三浦半島では緑が豊かに残っている地域で普通種。日当たりの良い草地に多い。体長は2cm程度。餌は他の虫の体液。人を襲ってくることはなく、近づけばさっと飛んで逃げてしまう。

ヤマトシリアゲ 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/05/20

ヤマトシリアゲ 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/05/20

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする