サトキマダラヒカゲ

閲覧注意(このページには気持ちが悪い生き物の画像が含まれています)

里黄斑日陰蝶 チョウ目/タテハチョウ科/キマダラヒカゲ属 成虫発生期/4月~9月

在来種

カブトムシ(甲虫)を捕りに雑木林へ立ち入ると樹液の周りで必ず遭遇するチョウ。薄暗い場所を好む。普通種。木に止まっているときは翅は必ずぴしっと閉じているが、その目玉紋様がなかなか気色悪い。翅の紋様が少しだけ違うヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰蝶)という近似種も。

樹液を吸うサトキマダラヒカゲ 清水谷 2016/08/10

樹液を吸うサトキマダラヒカゲ 清水谷 2016/08/10

この翅にひらひら飛び回られるとやっぱり「気持ち悪い‥」。

樹液を吸うサトキマダラヒカゲの顔 清水谷 2016/08/10

樹液を吸うサトキマダラヒカゲの顔 清水谷 2016/08/10

顔はとってもかわいらしいのだ、とわかっていれば抵抗感が薄れるかも?