オオミノガの幼虫(ミノムシ)

大蓑蛾 昆虫/チョウ目/ミノガ科 見頃/12月中旬~2月

在来種稀少保護

神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧II類」

オオミノガの幼虫(ミノムシ)、オリーブの枝に 葉山町上山口・湘南国際村 2017/11/02

オオミノガの幼虫(ミノムシ)、オリーブの枝に 葉山町上山口・湘南国際村 2017/11/02

ヤドカリ(宿借)が貝殻をかぶるように、オオミノガなどミノガの仲間の幼虫は蓑(みの)状の巣を作ってその中で生活をする。このため、ミノガの幼虫はミノムシ(蓑虫)と呼ばれる。秋、吐き出した糸で蓑を木に引っ付けてぶら下がり、冬を越す。春、十分に暖かくなってから蛹(さなぎ)に変態、一ヵ月後に羽化をする。ミノムシは真夏を除いて一年中見ることができるようだが、葉がなくなった冬枯れの幹にぶら下がるミノムシが冬場の風物詩となる。

オオミノガの幼虫(ミノムシ)、中身は空っぽ 平塚市南金目 2017/02/13

オオミノガの幼虫(ミノムシ)、中身は空っぽ 平塚市南金目 2017/02/13

オオミノガの幼虫(ミノムシ) 葉山町上山口・湘南国際村産 2017/11/06

オオミノガの幼虫(ミノムシ) 葉山町上山口・湘南国際村産 2017/11/06

オオミノガは最大のミノムシで、ふつうにどこでも見られる一般種。昭和時代(-1989)まではそうだった。梅雨時のカタツムリ(蝸牛)、夏場のセミ(蝉)カブトムシ(甲虫)などと同じくたいへん身近な生き物で、冬場のミノムシは子供の格好のおもちゃになっていた。それが現在は絶滅危惧種。原因はアジア原産の外来のハエ、オオミノガヤドリバエ(大蓑蛾寄生蠅)とされている。このハエの卵が付着した葉をオオミノガの幼虫が食べてしまうと寄生され、孵化したハエの幼虫に食われてしまうのだという。

葉(枯れ葉)で作られた大きな蓑を作り、木の枝から真下にぶらーんと垂れ下がっているのがオオミノガのミノムシ。
なお蓑があっても中の幼虫はオオミノガヤドリバエに食われたあとでもう空っぽという場合も。食われていなくとも既に寄生されてしまっている可能性も高いという話。

オオミノガの幼虫(ミノムシ) 葉山町上山口・湘南国際村産 2017/11/06

オオミノガの幼虫(ミノムシ) 葉山町上山口・湘南国際村産 2017/11/06

上記のミノムシは湘南国際村の車道沿いに植えられた街路樹のオリーブに付着していたものである。蓑を軽く摘まんだところ柔らかかったため中身は空っぽであると勘違いし、蓑を解体観察するために持ち帰った。蓑に使われているのは、同様に同地の街路樹であるケヤキ(欅)の枯れ葉か。後日周辺を捜索したが他の個体の発見には至らなかった。ここ三年ほど外出する度にミノムシがいないか気にするように心掛けてはいるが、”中身”に出会えたのはただこの一匹のみである。

といったそばから二匹目に遭遇した。

オオミノガの幼虫(ミノムシ) 横須賀市・くりはま花の国 2017/12/10

オオミノガの幼虫(ミノムシ) 横須賀市・くりはま花の国 2017/12/10

蓑の素材はいかにも古めかしかったため中身のいない蓑の残骸として持ち帰ったが、蓑側面にカッターナイフを入れたところで、中身がいらっしゃることがわかった。蓑の外装は硬くかちんこちんで、冬枯れの枝(樹種不明)にぷらんぷらんぶら下がるのではなくまるでチャミノガ(茶蓑蛾)のミノムシのごとくがっしりと固定されていた。糞を排出する蓑下方の穴も閉じられた状態。冬眠仕様の蓑なのかもしれない。中身が這い出してきて餌を探そうとする素振りはなく動かない。このまま蛹になるのか、春になれば動きはじめるのか──

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする